20歳までの新規加入保険を安く上げる方法

免許を取って初めてクルマを買いました。国産の新車です。ところが任意保険の見積もりを取ってビックリ?ぼくの1カ月分の給料より高いんです。いったいどうしたらいいでしょうか?自賠責だけでは不安だし・・・

20歳までのヒ卜がまったくの新規で任意保険に入ろとすると、もう「入るな!」と言われてるんじゃなかと思うほど高い保険料を必要とする。ただでさえ全年齢使えるタイプは驚くべき高額の保険料を必要とするのに、さらに新規加入ということで30%の割り増し。
どのくらい高いか、対人/対物無制限、搭乗者傷害1000万円で見積もりを取ってみた。
従来の国内損保系でPAPと呼ばれるセット保険(対人、対物無制限、搭乗者傷害)に入ると、四万1200円(東京海上。他の国内損保も同じくらいだ)してしまう。外資系で良心的とされるチューリッヒで保険料を聞くと、関東地区なら四万7350円。さすがに事故率の低い束北地区なら17万7150円になるが…。
外資系保険会社で一番若い人に門戸開いてると評側してるウインタートウルでさえ、17万2990円する。意外だったのがアメリカンホームダイレクト。21歳以上になるとほかの外資系より高くなるのに、全年齢だけ安い。いずれにしろあまり高くなると、若い年齢層のドライバーは任意保険に人れなくなってしまう。
少しでも安くしたいなら、JAや全労済といった生協系の共済(保険のことを共済と呼ぶ)がベストだと思う。電話すればだれでも気軽に加入できる全労済は14万6100円。1年間だけ無事故でガマンすれば、翌年の保険料はググッと17%も下がり6万1950円になる。1年日の保険料を諸費用の一部だと思うしかないな。
加入できるヒ卜が制限されてしまうものの(最近はずいぶんアマくなった)、JAは理想的な最初の保険であろう。全労済とほぽ同じ条件の共済が11万7700円で入れてしまうのだから。JAと付き合いのないヒ卜なら、JAの窓口で見積もりがてら相談してみたらいかがか?
共済系以外だとセコム束洋がおすすめ。16万4190円は、普通の保険で最も安い。加入もFAXすれば簡単に手続きできる。今後、人気が山そうな保険だ。ここも1年間無事故で過ごせば、翌年の保険料5万8610円まで安くなるからうれしい。
もう一台クルマを買いたす場合、任意保険に入って5年間以上無事政を続けているなら、複数所有割り引きになる。この割り引きを利用すると、初年度の割増しが10%に減額されるのだ。複数割り引きは、ほとんどの保険会社でやっているので、見積もりの際にでも聞いてみてほしい。1台目と2台目のクルマが別の保険会社の契約でも使える。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ